スポ×イズム

#06 笠原 裕奈・中島 望結(ボウリング)

プロフィール

 笠原裕奈(かさはら ゆな)選手は、爆発力が持ち味の県立小城高等学校1年生。
 中島望結(なかしま みゆ)選手は、スペアをミスせず確実に取っていく安定感のある県立佐賀北高校1年生。
 二人は2018年からペアを組み、茨城国体において、佐賀県初の快挙である少年女子団体4位入賞を果たした。
 ストライクのときは両手で、スペアのときは片手でハイタッチするようにしている。自然に行うようになった習慣であり、リラックス効果が得られるそう。

ボウリングとは

 三角形に並べられた10本のピンを狙ってボールを転がし、倒れたピンの数を争う競技。
 国体では、個人戦と団体戦が行われる。個人戦及び団体戦(2人チーム戦)は6ゲーム、団体戦(4人チーム戦)は3ゲームの予選を行い、合計点の上位8チームが決勝に進出する。
 決勝では、予選の得点を含めた総得点により順位を決する。